2019年7月19日金曜日

第二回ワンニャンデー🐶🐈

昨日は7月のワンニャンデーでした。
今回のケモノは猫。

社員の飼い猫のリオです。

リオは体重7kgの太猫で、動作もゆったりと貫禄があります。
前回の犬のマロンと違って、人間に愛想を振りまいたりはいっさいなしの塩対応。

ですが、社員は勝手に癒されに社長室に入っていきます。
 

来月はどうなるか楽しみです。

2019年7月10日水曜日

アクロ登山部(?)始動!

こんにちは、達夫です。

ある日のコーヒーブレイクで、社員の一人が、富士山に登りたい!と言い出して、自分の含めた周りの何人かが、いいね!と賛同したのが、今回の登山の始まりです。

富士登山と言っても、未経験者ばかりだし、普段運動していない社員も多いし、いきなり本番はヤバいだろう、ということで、まずは、練習のために丹沢の塔ノ岳に登ることになりました。
塔ノ岳は、標高、1491メートル。
一番有名な大倉尾根コースは、コースタイムが6時間、距離は約14km。登山口が小田急の渋沢駅からバスで15分ほどなので、アクセスも良く、富士登山の練習には最適、と、言われています。バカ尾根、と言われているぐらい、ひたすら尾根を登り続けるのが、ちょっと気になります。

まずは、唯一の登山経験者、ワンダーフォーゲル部出身のJINに教えてもらいながら、数週間前から必要な装備をそろえました。新しく登山靴を買ったり、レインウェアを買ったり、行動食ってなんだ?って思いながら、念のためチョコレートをたくさん買ったり、、、準備は楽しいですよね。

7/7(日)当日。天気は、雨ときどき曇り。
無理そうだったら潔く引き返そう、という気持ちで、予定通りに出発。

新横浜→町田→渋沢→(バス)大倉へ。

大倉バス停のところにある秦野ビジターセンターで、最後の準備。わずかに雨が降ってるので、仕方なく、出発からレインウェアを着ることに。むしむしするけど、仕方ない。

出発の時は、こんな感じで、皆、やる気満々!

徐々に山の中へ。山に入ると、それほど雨は気になりませんでした。

途中から、こんな感じの階段を、ひたすら上る。

写真だけ見ると、「市民公園にある整備された木の階段」、に見えなくはないですが、とにかくキツイ・・・

視界が無いので、いったいどこまで続くのかわからない階段よ・・・。
小学校低学年ぐらいの子供も登っているから、根を上げるわけにはいかない。

予定より1時間近く遅れて、ようやく花立山荘に到着。ここは登山口から5.5km。1000mぐらい登ってきた場所です。

寒いし、疲れたし、お腹空いたし、、、もう耐えきれず、豚汁を!

外は冷たい雨と強風。本当に頂上まで行けるのか?

誰もあきらめる社員はいなかったので、最後の力を振り絞って、いざ頂上へ!

これが、本当に最後の階段。もうひと踏ん張り。

やりました!登頂!

頂上からの360度は、見渡す限り、真っ白!晴れていれば、富士山がきれいに見えるらしいですが、残念です。

それにしても、雨の塔ノ岳は、初心者には厳しかったぁ。
あれから3日、いまだに筋肉痛。

まぁ、この大変さを経験したから、本番の富士登山は、何とかなるに違いない!

2019年7月4日木曜日

四十にして入寮

こんにちは、中野です。

いきなりですが、入寮しました。と言うか、入寮して3か月経ちました。
よもや不惑の歳になって寮生になるとは思っていなかった。。。

アクロにはいくつかの寮があります。
シェアハウスタイプや戸建てタイプ、マンションタイプなど。
その中の戸建てタイプに、一回り離れた後輩と同居しています。

浜村さんが3月にミャンマーに赴任し、寮に空きが出来た。
これまで浜村さんが寮長として若い社員の面倒を見てきたが、
代わりに誰か入れないか?そうだ、中野で良いじゃないか、と言う流れ。

なんでやねん!マジで!

という感じです。

一応私、自分の家もあって、しかもそこは寮より会社に近い。
去年に風呂とトイレをリフォームしてより快適になっている。

そんなマイホームから離れ、いま、寮に住んでいます。

なんでやねん!マジで!

ほんまにそう思うわ。

理性的に考えれば、この選択肢は無いですね。
決め手は、理性を超越した運命のようなものでしょうか?
それにしても、
五十にして天命を知るとは言いますが、私には早過ぎる。。。

全社員からの驚きをもって迎えられた入寮から3か月。
何もないといえばウソになりますが、間違いなく楽しんでいます。

私の考えとして、楽しい仕事は無い、自分が楽しめるか。
と言うのがあります。
楽しい寮は無い。自分が楽しめるか。

寮に興味を持った方、いつでも歓迎しますよ。多分。

スイーツ食べたり。

旨いもん食べに行ったり。

ゲスト呼んだり。

2019年7月1日月曜日

夏の1Dayインターン、IT業界に向くか、試せます。

こんにちは、
組織価値経営部の達夫です。

早いもので、今年も、半分が過ぎましたね。

新卒採用の方は、6月から内定を出すのが普通のようですが、中小企業は、そんなのんびりしたことは言ってられず、6月から、2021年度就活生に向けた、1Dayインターンシップを開始しています。

今年の1Dayは、2種類。

1.機械学習体感インターンシップ
2.Python入門インターンシップ

先週土曜日に、2番のPython入門を行ったので、その様子を少し紹介します。

この日は、関東だけでなく、関西や、遠く九州からも、参加してくれました。嬉しいですね。


Python入門なので、プログラミング初心者の学生がほとんどでした。

IT業界に興味があるけれど、実際に自分が向いているかどうかわからないので、プログラミングを経験してみたい、というモチベーションの学生が多かったように思います。

Pythonのハンズオンだけでなく、社内見学や、事業内容説明、社風説明、、、、その他、秘密のコンテンツもあり、7時間に及ぶ、密度の濃いインターンになりました。



最後のアンケートでは、お陰様で、とても高い評価をいただいたのですが、、、

IT業界に行きたいです!と言ってくれる学生と、
自分には合わないことがわかりました。ありがとうございました!
と、ハッキリと学生の方向が分かれるのも、この初心者向けのインターンならではですね。

本当は、皆に、IT業界に来てもらいたいのですが、まぁ、自分の特性がわかってくれた、ということで、学生の進路の手助けになったのであれば、良かったです。

1Dayインターンは、9月下旬まで行いますが、もう定員ギリギリの申し込みが入っている回もありますので、興味がある学生の皆さん、お急ぎください!

1Dayインターンシップ
https://recruit.acroquest.co.jp/event/1dayintern/

2019年6月27日木曜日

美麺遺産 Vol.3 ~さっぽろ 純連~

美麺遺産 Vol.3

第3回。
今回もワタクシ万知が、
独断と好みでお送りしていきます。

今回は6/14(金)~6/16(日)で、札幌に行ってきたので、
その時に食べたラーメンをご紹介します。

あ、今あなた、
なんで6月は祝日ないのに札幌とか行ってるんだ、
仕事サボってるんじゃないか、とか思いましたね?

否。
実はうちの会社、GWのお休みを1日削り、
その代わり6月の14日か21日に振休をとってよいという、
なんとも神的システムを発案してくださったのです。
6月はそのおかげで3連休をとることができました。
感謝。

さて、本題のラーメンですが、
みなさんは札幌ラーメンといえば、
何を思い浮かべますか?
私はすぐに味噌ラーメンが頭に浮かびます。
ラーメンがある程度好きな人なら、
大抵の人は同じだと思います。

ですが今回ご紹介するのは醤油ラーメン。

さっぽろ 純連

純連といえば味噌ですが、
実は醤油ラーメンもかなりの絶品です。

まずスープ、こちらは北海道ラーメンならではの、
厚いラードの膜で覆われています。
湯気の出ないラーメン。
このラードの層があることにより、スープの熱を逃がさず、
いつまでもアッツアツで食べることができます。
普通のラーメンと同じように食べると大やけどです。
麺を持ち上げると一気に湯気と香りが放出されます。
旭川ラーメンとは全く違った醤油味。
創業以来つぎ足しで使用しているという秘伝の醤油ダレ。
非常に香ばしく、醤油のキレがすばらしい。
ただしょっぱいだけではなく、深みがあるので永久に飲めそう。

麺は森住製麺の中太縮れの玉子麺。
コシがあってモッチモチ。
熱々のスープの中でもコシを失わないこの麺は、
まるでこの店のための麺のよう。
縮れにスープが良く絡みます。

具材は、しっかりしとしたチャーシュー、
味が染みに染みたもやしと玉ねぎ。
醤油ラーメンにはかまぼこが2枚乗っている。
味の濃いスープが具材によって飽きが来ないようになっている。
味玉は味玉ラーメンを頼めば入っています。
黄身がトロトロで非常においしい。
トッピングで足すことも可能です。

札幌駅からは2,3駅あり、待ちもありますが、
食す価値のあるラーメンです。

あなたもぜひ、札幌訪れた際はぜひご賞味ください。

2019年6月18日火曜日

第一回ワンにゃんday!

むらかみです。
実は先日、ワンにゃんdayを実施しました!

ワンにゃんdayとは、先月のMAで決まった取り組みの一つで、月に一度、社長室に犬か猫を放すという企画です。

社長室に犬猫がいれば、社長室に来る社員も増えてコミュニケーションも活性化され、社員の癒しにもなるという一石二鳥のアイデアです。

先日の初回では社長の飼い犬のマロンが来てくれました!

マロン君は最初こそ人見知りをしていましたが、すぐに慣れたようで、コーヒーブレイクには社員の中を走り回っていました。


社長室に来る社員もいつもよりも増えたようです(^^
社員からも好評でした。

来月のゲストは社員の飼い猫の予定です。
楽しみですね。

それでは。

2019年6月12日水曜日

美麺遺産 Vol.2 ~支那蕎麦屋 藤花~

美麺遺産 Vol.2

やってまいりました第2回。
今回もワタクシ万知が、
独断と好みでお送りしていきます。

2回目は、暑い夏でもさっぱり食べれる、
塩ラーメンをご紹介します。

支那蕎麦屋 藤花

鴨居駅から徒歩20分弱、
横浜ららぽーとから5分ほどのThe 支那蕎麦。

新横浜から中山を結ぶバスで行くことも可能。
でも30分に1本なので、車で行くのをオススメします。
駐車場は5台。
たまに待ちが発生します。

支那蕎麦の「支那」とは、中国を意味します。
南京そば、支那そば、中華そば、は、すべて同一です。
中華の麺、という意味ですので、
「醤油味じゃないといけない」とかそういうことはありません。

さて、紹介に戻ります。

藤花には、塩と醤油がありますが、
お店側としては塩を推してます。

私のオススメは「特製塩らぁ麺」。
基本のトッピングですでに、
バラチャーシュー、穂先メンマ、ほうれん草、紫玉ねぎ、白ネギという豪華さ。
特製はそれに、チャーシュー、味玉、ワンタンがさらに増える。
値段も980円とお得感。

麺は麻生製麺の平打ち麺。
これがまたもちもちしているし、
麺の表面積が広いのでスープが絡む。

醤油はまた別の製麺所のものなので、そちらも要チェック。

スープは、黄色い淡麗。
厳選された丸鶏とガラをお店独自の比率で丁寧にダシをとっている。
国産海水塩と、モンゴル・ボリビア・フランスの岩塩、
日本酒、梅酒を使用し、キレのあるタレを作り出している。
深みとコクがあるが、永久に飲めるであろうさっぱり度。
またしても水筒で持って帰りたいほどだ。

具材のチャーシューはローズマリーの風味がほんのり。
モダンが感じられる1杯に仕上がっている。

塩も醤油も制覇したい。
あなたもぜひ、ご賞味ください。


2019年6月7日金曜日

50名超えのリモート懇親会決行!

こんにちは!エンジニアの宮坂です。

一昨日、社員50名超えのリモート懇親会を主催しました。

「リモート懇親会」とは、リモート(ビデオ通話)での参加を可能にした懇親会のことを指しています。「リモート飲み会」という言葉のほうが一般的かも知れません。

「リモート飲み会」のグッドプラクティスとしては、参加者全員がリモート参加することが重要と言われています。しかし私達は会場参加するもリモート参加するも個人の自由、というポリシーのもと、会場参加とリモート参加の混合形式(一般的にアンチパターンとされている方法)で実施してみました。

会場参加が30名、リモート参加が25名。

さて、結果はどうだったのか・・・

こちらが会の写真です!




結果は、非常に盛り上がった会になりました😄
リモート参加者からも好評の声をもらえました。

この懇親会の中では、自社製品のバージョンアップの発表があったり、我こそはと言う人が自分の仕事の面白さを共有したのですが、リモート参加者からも多くの質問が飛び交ったり、リモート参加者からの発表があったりと、会場 - リモートが一体となって盛り上がれました。

また、リモート参加を可能にしたことで、子育てで早く家に帰らなければ行けない社員や、客先からの戻り途中の社員も参加可能になったので、リモート形式にして良かったかなと思います。

なお、今回の形式でうまく行った要因として、会の目的がはっきりしていたことと、参加者全体が一つの話題に対して話す会であった、ということは大きかったかなと思います。

すべての会をリモート懇親会にすればいいというわけではなさそうですが、会の趣旨によっては、有効な形式だったかなと思います。


最後に、リモート参加者によってはネットワークによる音声遅延も少しあったようで、その辺はビデオ通話のアプリ選定を含め、次回に向けて改善したいと思います。


それでは!

2019年6月5日水曜日

ガブリエルの花一輪

むらかみです。

昨日は、2年目のガブリエルさんの花一輪でした。


ガブさんは、地球の裏側のブラジルから日本に来て、アクロクエストに入社しました。

大学時代に日本に留学していたことがあったそうですが、それにしてもブラジルから日本に就職するというのも、なかなか勇気のいることだと思います。

ゴールデンウィークには、ヒッチハイクで大阪まで行ったそうです。今は富士山登山を計画中と、新しいことに挑戦することが好きな人ですね。

ガブさんはまだ2年目ですが、社内でもどんどん新しい挑戦をしていってほしいですね。

お誕生日おめでとう!


2019年5月31日金曜日

本格ダーツと卓球ができる職場

こんにちは!
アクロクエスト ダーツ部部長の宮坂です🎯(エンジニアです。)

私は早稲田大学スポーツ科学部出身ということもあり、スポーツ好きなのですが、実はアクロクエストの職場も結構スポーティー。

当社にはダーツ台、卓球台、エアロバイクなどが設置されているコーナーがあり、普段から社員が活用しています。

以下の写真は、先日撮った社内のコーヒーブレイク(毎日15時からの15分休憩タイム)の様子です。(ピンクのTシャツが私です👱)




※ダーツはDARTSLIVE2設置されており、ダーツ部にとっては嬉しい限り。

仕事で行き詰まったときに、ダーツなり卓球なりをしてリフレッシュすると、結構解決策が見つかったりします。
運動もできて仕事も進んで一石二鳥🐓

また、Acroには提携しているフィットネスジム&スパもあり、社員は無料で利用できます🏃


・・・ということで、スポーツ好きの方、ぜひアクロクエストで一緒に働きましょう。笑

人気の投稿