2018年7月20日金曜日

狭いことにもメリットがある。

こんにちは。採用担当の村上です。

昨日は1Day機械学習インターンシップでした。
ただ、いつもと違うのは、会場がコンパクトです。

実は、組織いきいき実践勉強会と日程がぶつかってしまい、セミナールームを2つに分割してそれぞれ実施したのでした。



いつもの会場よりも広さが半分程度となってしまったわけですが、私は逆にこれが良い影響を与えてくれたと感じました。なんとなく学生と社員との心理的な距離が近くなり、話しやすくなったような気がします。

参加の皆さんはどうだったのでしょうか?

それでは、よい人生を。


2018年7月19日木曜日

7月の全社員会議

こんにちは。採用担当の村上です。

昨日は7月のMAでした。
今回の議論はかなり白熱しました。



働きがいのある会社ランキングでNo.1をいただいたAcroquestも、その社員がぼんやりしていたら、すぐに衰退してしまいます。現状に安住せず、前進していく必要がありますね。だからこその白熱した議論でした。

それでは、よい人生を。

2018年7月18日水曜日

リフレッシュ休暇でリフレッシュしてきました。

こんにちは、9年目の音田です。

昨日横山さんから3連休の記事が上がっておりましたが、
実は私は年に一度のリフレッシュ休暇で、先週1週間もお休み、
合わせて10連休を頂いておりました。

せっかくのお休みだったので、思い立って青森・弘前へ一人旅に行ってきました。
行き先や宿を決めたのがお休みに入った後で急だったことと、
平日だから人が少ない間に見て回りたかったので、2泊3日で行きました。
 ※3日間フルで観光ができるよう、行き帰りは夜行バスにしたので、実質4泊3日

青森へは、世界遺産:白神山地や弘前城の(葉)桜をみて、自然を楽しもうと思ったわけですが、
いま振り返っても、期待以上によい旅になりました。

 目的だった自然は、予想以上で、とても癒やされました。

写真や動画は普段撮らないのですが、
今回はたくさん撮った写真などを見返して、また癒やされました。

これら写真は、そのほんの一部です。
アルバムが緑色に染まってしまうぐらいに写真はあるのですが、全部は無理なので。


 

また、自然以外もよい思い出ができました。
夜に入った居酒屋それぞれでの食事が3日とも美味しかったことや、
たまたま居合わせた方との会話が面白かったこと、
日中の観光中にトラブったとき、地元の人に助けてもらったこと、などなど。
書ききれませんね(笑)

おかげさまで、リフレッシュ休暇でリフレッシュすることができました。
大変ありがたいことです。ありがとうございました。

2018年7月17日火曜日

ボルダリングからの焼肉

こんにちは、ちょっと変わったところへの旅行が好きな横山です。

皆さん、三連休はいかがでしたか。
私は、同僚と一緒にボルダリングに行ってきました。
センター南にあるZenというロッククライミングジムです。

こんな感じのところです。

横から見るとこんな感じ。

一番奥は、160度とのことです。
(登れる気がしない。。「登る」という表現でよいのかもわからない。)

後輩もかなり頑張って登ってるように見えます。


反っている壁は、最初全然登れなかったのですが、
最近よく来ている先輩社員Tさんも来てくれて、
いろいろ教えてもらったところ、135度の初級者レベルのところが登れました!

対角線となる手足で支えてバランスを取って、登っていくとよいようです。
「ダイアゴナル」というようです。

ちなみに先輩社員Tさんは、こんな感じで軽々登っていました。



そして筋肉もボロボロになってきたところで、さらにお楽しみの焼肉です!
今回はボルダリングからも近い「炭焼喰人」に行ってきました。



「ウエットエイジング」という長期低温熟成をしていたり、希少部位や食べ方もいろいろとあり、大満足でした。(筋肉も大喜びです。)

焼肉も食べ、久々に全身動かすような運動をして気持ちよかったです。
よく行っていた登山にまた行きたくなってきました。
ただ、2日たった今でも、まだ筋肉痛は続いてます、、

#ちなみに3枚目のボルダリングの写真は以下を回転させてみたものでした。

それでは。




新PC導入

こんにちは。採用担当の村上です。

最近会社に新しいPCが導入されました。
HPのゲーミングPCです。

会社でゲームをする用・・・ではなく、あくまでも仕事用です。
機械学習の仕事でGPUを使うので、Kaggleマスターが社長に頼んで導入してもらいました。新人が8時間かける仕事が1時間で終わると喜んでいました。

↓喜ぶKaggleマスター


↓電源を投入した新PC

エンジニアが楽しく働ける会社そのままの出来事でした。

それでは、よい人生を。

2018年7月13日金曜日

人の良いところを見つけるには、という質問

こんにちは。採用担当の村上です。

最近、とある学生と話す機会がありました。

人の良いところを見つけられるようにするにはどうすればよいか? という質問を受けました。その学生は人の悪いところばかり目についてしまうそうです。

私の答えは、無理に人の良いところを見つけようとしなくてよい、ただ、何かちょっとしたことでもしてもらったら、必ずお礼を言うようにしてはどうか、でした。

自分のいいところを他人に見つけてほしいとは思わない人もいるでしょうが、感謝されれば誰でも嬉しいものだと思います。

まあ、正しいかどうかはわかりませんが、私はそう思います。

それでは、よい人生を。

猛暑が続いていますね

お酒大好きな総務の中村です。

梅雨も明け、いきなり連日の猛暑が続きますが、
みなさんお変わりはありませんか?

早速ですが、梅雨(つゆ)とは梅の雨と書きますが、
梅が咲くのは桜より早く2月~3月頃なのに
なぜこの時期を梅の雨と言うのでしょうか?

それは八百屋やスーパーに行けば分かるのですが、
この時期に青梅が店頭に並んでいますね。
梅雨の長雨が梅の実を豊かに育んで収穫の時期になるのです。

という訳で、今回は梅酒についてです。
最近はコンビニでも美味しい梅酒を売っていますね。
チョーヤ梅酒 The CHOYA SINGLE YEAR 720ml
も美味しい梅酒です。

ただ市販の梅酒は14%程度なので、
ロックで飲むのはOKですが、炭酸割にすると
ちょっと物足りなくなってしまいます。

そんな時どうするか?
そうです、自分で作りましょう。

必要な物は以下の通りで、
青梅 1kg
ホワイトリカー 35度 1.8ℓ
氷砂糖 1kg
4ℓが入るビン

以上を揃えたら、梅、ホワイトリカー、氷砂糖を
ビンに詰めるだけで、1か月程度で美味しく飲めます。

また、梅以外でも桃、梨、レモンなどでも
おいしい果実酒が作れます。
ぜひ、お試しください。


2018年7月12日木曜日

量子コンピュータ向けプログラミング・コンテストに参加しました

こんにちは、数学とプログラミングが趣味のツカノです。

以前、盛り上がりを感じた量子コンピュータに関するブログを書いたのですが、ついに量子コンピュータ向けのプログラミング・コンテストが開催されました。

Microsoft Q# Coding Contest - Summer 2018
https://codeforces.com/msqs2018

Microsoftが開発した量子コンピュータ向けのプログラミング言語「Q#」を使い、全15問の量子コンピュータ向けプログラミング問題を解くコンテストです。
正解数で順位が付き、正解数が同じ場合は解答までの時間等で差がつきます。
Microsoftがスポンサーをしており、50位以内に入るとMicrosoftから特製Tシャツがもらえるコンテストでした。


実際の問題はこちらで、
https://codeforces.com/contest/1002/problems
解答と解説はこちらです。
https://assets.codeforces.com/rounds/997-998/main-contest-editorial.pdf

量子コンピュータに慣れていないと、そもそも問題を理解できないんじゃないかと思います。。。

Q#は使ったことなかったのですが、せっかくなので私も参加してみました。
その結果は、、、

 :
 :
 :

約400人中、145位。(「snuffkin」が私のハンドルネームです)
う~ん、平凡な順位。
Tシャツはゲットできませんでした😢

全15問のうち、私が解けたのは12問ですが、全問解けた人が100人もいました!
「○○のアルゴリズムを実装せよ」みたいな問題もあって、知らずに解いた人は論文書けるんじゃないかと思いました。
この100人の方々は、量子コンピュータのことをそれなりに知っているか、相当スゴイ人たちなのでは。。。


それにしても、コンテストに参加してみてると、いろいろと勉強になって面白かったです。
せっかくなので、今回のコンテストに参加した様子を、CQ出版Interface編集部さん主催の集まりでLightning Talkします。
興味ある方はぜひご参加を!(って、既に満席ですが)

「量子コンピュータ はじめの一歩」オフ会
8/16(木) 19:00-21:00
https://inteface-meet-up.connpass.com/event/92819/


また、こちらのコンテンツも少しずつ更新していますので、量子アルゴリズムに興味があるプログラマの方はぜひご一読ください。

プログラマのための量子アルゴリズム入門
https://note.mu/snuffkin/n/n8affc7eabf45


それではまた~。

データサイエンティストも安泰ではない?

こんにちは。採用担当の村上です。

昨日はAcro Tech Nightが行われました。

今回のテーマは、AI時代のデータサイエンティストに
求められる能力、でした。

詳細はここにはかけないのですが、
今流行りのデータサイエンティストという仕事も、
安泰というわけではなく、淘汰される可能性もある。
そうならないためのポイントは・・・という内容でした。

参加した学生も興味を持って聞いてくれました。

今後も、いろいろなテーマでAcro Tech Nightを行う予定ですので、興味のある人は、まず当社の1Dayインターンシップにご参加ください。

それでは、よい人生を。

2018年7月11日水曜日

愛情表現が苦手なエンジニアにオススメのポーズ

こんにちは!
7年目エンジニア兼2子のパパの宮坂です。

最近、長女が『パパ嫌!』とか『パパ好き!』と言った言葉を連呼し始めており、
こうやって愛情表現を学んでいくんだな、と子どもの成長を実感しています。

ということで、
今日のテーマは『愛情表現』についてです。

今日は、愛情表現が苦手なエンジニアにオススメのポーズをご紹介します。
※エンジニア以外にも応用可能なものです。


まずは、今日私がたまたまとった写真を御覧ください。


これは本日の全社員懇親会が終わったあとに私が撮った、
なんてことのない写真ですが、この中で一つの異変に気が付きました。


↓これです。

『なんだ、このポーズは』

この先輩はよくこのポーズをしているのですが、
ふと、これはどういう意味なんだ?と気になり、調べてみることに。


結果は以下の通りでした。

小指がたった状態 ⇛ I
人差し指と親指がたった状態 ⇛ L
小指と親指が立ったい状態 ⇛ Y

⇛『I Love You』


そうか、この先輩は今、愛を伝えているのか。

そして同時に思いました。

『このポーズは使える』


これなら、口下手なエンジニアでも、
恥ずかしがらずにさり気なく愛情表現ができる。

伝わる可能性は低いかもしれないけれど、
もし相手がこのポーズの意味を知っていたとしたら、、、
考えただけでもなんだかドキドキしちゃいますね。



ということで、以上、先輩から学ぶ、
『愛情表現が苦手なエンジニアにオススメのポーズ』でした!

人気の投稿