2018年10月18日木曜日

元号改正

こんにちは。中野です。

最近めっきり涼しいを通り越して寒くなってきましたね。
朝夕は上着が無いと体が冷えます。

10月も半分を過ぎ、もう年末に突入、という時期。

最近テレビで良く「平成最後の○○」と言う言葉を聞きますね。

平成最後の夏、や、平成最後のシルバーウィークなどなど。

平成は30年4月30日で終わります。

改元によるシステム影響を考慮して、極力早めの発表を、
と言う話は華麗にスルーされ、1月前の発表になる模様です。

私が関わっているシステムは、法制執務という
国や地方自治体の法律や条例に関わるものです。

そのため、元号の影響をもろに受けるわけです。

まっとうなシステムでは、元号・西暦の関連付けやキー値により、
新元号への対応影響を抑えています。

例えばですが、
明治=1、大正=2、昭和=3、平成=4、としておけば、
新号=5、というデータを仮に作成して置けば、事前に試験でき、
発表と同時に、新号を書き換えれば終わりになります。

 1010101⇒明治元年1月1日
 5010101⇒新号元年1月1日


という皮算用で、1月あればシステム対応は可能、と
各省庁有識者の集まった会議で結論付けられたのでしょう。

ただし、これから入力するデータに対する対応であり、
これまでに入っているデータに関してはその扱いを検討する必要があります。

たとえば、120年ぶりの改正、と話題になった民法改正については、
平成32年4月1日施行です。これはどう扱うべきでしょうか?

上記例で言えば「4320401」として登録されることになりますが、
正しくは「5020401」ということになります。

自分のシステムとしてどちらで扱うべきか?だけでなく、
関連する全システム間でポリシーを合わせる必要があります。

場合によっては、プログラム以外の膨大なデータの修正が
必要となるかもしれません。


そもそもシステム内では西暦で扱えば良いのでは、と言う話もありますが、
実際に入ってくるデータが、官公庁は元号である場合が多く、
内部データは西暦にできても、いずこかの部分に元号が入る部分は出てきます。

システム対応、と一口に言っても、私のような業務ロジックもあれば、
印刷系、UI系、OCR等々多岐にわたり、それぞれ悩みポイントがあるだろう。



とりあえず、M/T/S/H以外で始まる元号にするところからお願いしたい。


それでは。

2018年10月17日水曜日

銀座、スイーツ巡りの成果

こんにちは。
3歳のわんぱく娘に体力を削られる毎日。
子煩悩コンサルタント、よっし〜です。

先日、ベビーカーが故障してしまい、
毎朝の保育園の送りが「戦い」になりました。

歩いて欲しいのですが、抱っこをせがむため、
ううう、両腕が筋肉痛なのです。。。

そんな、日頃の疲れを癒すため、
先日、銀座に足を伸ばし、スイーツ巡りをしてきました。
(え、行動がロジカルじゃない?)

とにかく、
そこで出会った、激ウマなクッキーを紹介します。(^^;

一生に一度しか受験することができない、
オーストリア国家公認「キュッヘンマイスター(料理マイスター)」試験。

この超難関試験に29歳にして日本人で初めて合格した料理人、
神田真吾さんが経営するレストラン「銀座ハプスブルク・ファイルヒェン」。

そこでお土産用に販売されている「テーベッカライ」。


甘酸っぱいアンズやラズベリーのコンフィチュールを使ったソフトクッキーで、
オーストリアで親しまれる伝統的なお菓子。

食レポは、グルメなWebサイトに譲りますが、とても美味しかった〜。

ただ、全国のイクメンパパへ。
筋肉痛に効果はないのでご注意を!

2018年10月16日火曜日

英語で文章を書くのにおすすめの一冊

こんにちは!
もうすぐ始まるクライマックスシリーズが楽しみな城本です。

最近、社内にはミャンマー支社からの社員も来て、
英語を使う機会が増えています。

英語で文章を書く上で、私がお世話になっている本を紹介します。
『添削-日本人英語-―世界で通用する英文スタイルへ-』

この本のおすすめポイントは、次の2点です。
1.例文が豊富に紹介されてて、辞書代わりに使えるところ
2.お題に沿って、ダメな例とよい例が紹介されているところ

特に2がよい点なのですが、読み進めていると時折心をえぐられます。
ダメな例で紹介されているような英文に、
「ああ、こういう英文書いてるわ…」
と、とても心当たりがあるからです。

この本を読んで、
ダメな英文がダメな理由は、
日本語の文章構造のまま、英語にしようとしているから、だと理解しました。

英語として分かりやすい文章を書くために、自分がやってみていることは、
  • 結論を先に
  • 主語と述語をきっちりセットで書く
  • 文章内に主語と述語は1セット
など、英語の構造を念頭に置いて、まずは日本語で書いてみる、ということです。
やってみると、意外なほど主語がよく抜けてることに気づきました。
主語の抜けは、日本語で書いているかぎりは、特に違和感ないのですが、
英語にしようと思うと、主語がないと文章が成り立ちません。
ダメな英文になる理由が納得できました。

「添削!日本人英語」では、
ダメな英文の理由が納得できてから、よい例の紹介に入るので、
説明がスッと入ってきやすいです。

例文集としても使える一冊ですので、興味を持たれた方はぜひ読んでみてください。

2018年10月15日月曜日

EGFが行われました

2年目エンジニアの片岡です。

先日、EGF(Engineer Grading Forum)が行われました。

Acroquestは査定まで全社員で行う会社ですが、EGFはその前哨戦です。
その人がエンジニアとして今どのくらいのレベルなのか、これからどのように成長していくのかを1人1人話し合います。

会社としてもやっている技術が多様化してきていて、(elasticsearch, AWS, 機械学習etc...)
かつ流行り廃りの激しいIT業界、
ちゃんとキャッチアップしていくためにどうするかを一人で考えるのは難しいのですよね。

それを一緒に考えてくれる人がいるのは素晴らしいことだとな、と
初参加して思った会でした。


2018年10月14日日曜日

『NETFLIXの最強人事戦略』を読んで

こんにちは。採用担当の村上です。

最近、『NETFLIXの最強人事戦略』という本を読みました。

あのNETFLIXの企業文化や、それに基づく人事戦略が書かれた本です。
Amazonのレビューもなかなか好評なようですね。

この本の内容は、アクロクエストとそっくりなところと、全く異なるところがあると感じました。

そっくりなところは、何でも率直に言い合うところと何でも社員にオープンにして話し合うところ。「そうそう!」と膝を打ちながら読んだところが何箇所もありました。

他方、全く異なるところは、事業に合わなくなった社員はどんどん解雇する点です。
現在の事業戦略に沿った優秀な人材を採用しつつ、事業に合わない人材はたとえどんなに優秀でも、創業時期の古株であっても解雇するそうです。NETFLIXでは解雇はネガティブなものとは捉えないそうです。その人に合った職場に再就職できるように最大限サポートするとも。

なるほど、あれほどのスピードで成長できるのも納得です。

ただ、アクロクエストでは、基本的には、定年まで働いてくれる仲間を求めています。
そのため、NETFLIXが掛けずに済むコストを掛けているのかもしれません。

それでも社員が一体感を持って働ける組織、「この会社で定年まで働いてよかった」と社員が思うような組織でありたいですね。

それでは、よい人生を。

2018年10月12日金曜日

歩いて歩いて、健康になろう

こんにちは。

目標は、毎日8,000歩!
さいとうです。


当社で、みんながウェアラブル端末を持って活動量を図ったり、食事記録を付けたりして、もっと健康になろうよ、
という健康経営の取り組みが始まったことは、もう誰かが紹介していたと思いますが。
(あれ、ブログではなくFacebookでしたっけ)

私は、昨年の健康診断で、実はいろいろと御指摘を受けていたので、健康への取り組みに全面参加しております。

特に継続して実施しているのが、ウォーキング。
これは、以前も紹介しましたよね。

ちょうど、外を歩きやすい季節になってきたこともあり、ウェアラブル端末で歩数記録を付けながらのウォーキングを、その後も続けています。


今回は、その成果の一端を表す写真を投稿してみようかと。


 左:現在履いているスラックス
 右:半年前に履いていたスラックス

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、ウェストサイズで6cm小さいものを、履くようになりました。

なので、以前のスラックスを履くと、こんなことに。



ウォーキング以外にも、間食・夜食を控えたり
(以前は、1日5食とか、
 家に帰ってうどんを2玉ゆでて夜食にしたりとか、
 割とフリーダムな食生活をしていたもので)
そういったことからの総合の成果です。


半年前は、自己最大体重で、メタボ判定条件にピッタリはまっていたのですが、
今はだいぶスリムになりました。
肝臓などいくつかの検査数値は、異常値だったものが正常値にまで回復!

階段の上り下りも膝の負担が減って、軽やかに!


宝くじも当たって、ウハウハです!!
というのはウソですが、
健康はすべての根源。

スポーツの秋、歩き始めてみるのも、良いと思いますよ。

2018年10月11日木曜日

技術書典5で「Elasticsearch NEXT STEP」が完売!

こんにちは、ツカノです。

数日前、「技術書典5に行ってみた」という投稿がありましたが、本日は出展者目線の投稿です。

IT業界ではすっかり定着してきた感がありますが、先日開催された「技術書典5」には延べ1万人近くの来場者となったそうです。

この「技術書典5」に、私を含むAcroquestの有志で出展しました。
同人誌のタイトルは「Elasticsearch NEXT STEP」。
Elasticsearchを多少触ったことがあり、より実践的な次の一歩を踏み出そうとしている方に向けの内容です。
https://techbookfest.org/event/tbf05/circle/53240006

今回が初出展だったため、右も左も分からず随分苦労しました。
普段ブログを書いているメンバも、本となると構成・レイアウト・印刷所選びなど、違った視点が必要になります。
商業誌として販売されてもおかくないクオリティを目指し、内容の見直しや修正もそれなりに発生。
原稿の締め切り間際はかなりバタバタしましたが、出来上がった本を手に取ったときの感動はひとしおでした。

大変ありがたいことに、私たちが書いた同人誌は想定外の速度で売れていき、2時間半で完売しました😁
そこで急遽、電子版のダウンロード販売を開始しました。
https://acroquestyy.stores.jp/items/5bba0d925f78667c52000ce7

自分たちで作ったものが直接売れていったり、SNSにつぶやかれている感想を見たりするのは、嬉しい体験でした。
購入してくださったみなさん、本当にありがとうございます。

最後はメンバ一同で記念撮影。

次回の技術書典もぜひ出典したいと思います!

ミャンマーの内定者

こんにちは。採用担当の村上です。

先日の記事で書いた11月入社予定の異様に食の細い内定者ですが、無事ミャンマー支店にたどり着き、研修が始まりました。

↓一番左が彼です。


さっそく支店長に叱られながら頑張っているようです。

来週には帰ってくるので、今から土産話が楽しみです。

それではよい人生を。

2018年10月10日水曜日

秋の真夏日のぐだぐだラン


こんにちは!
9月にまたひとつ年齢がカウントアップしてしまったtakaです。
10月に入ってぐっと涼しくなりましたね。
いよいよマラソンシーズンが来ました。

東京マラソンは残念ながら落ちましたが、今月末は横浜マラソンがあります。
7日の日曜日に、練習がてら鴨居駅前から相模原駅前まで走ってきました。

ランニング同好会のメンバーでもあり、横浜マラソンにも出る飯田さんも来てくれました。
一緒に相模原目指したいと思います。
が、この日は10月にも関わらず、最高気温30度。
相模原で着替えるために背負った荷物の重量ものしかかり、早速息が上がります。

取り敢えず5kmでダウン、一旦休憩。
飯田さんの、「今日は暑いですからねー」(私は余裕ですけどね)という言葉が胸に刺さります。
最近、怪我(シンスプリント)のせいであまり走り込めてないからなぁと言い訳して逃れる。

それからも頻繁にコンビニに寄って水分補給したり、お腹は空いてなかったけどなんとなくファミチ食べたりしましたが、何とか予定の一時間半遅れ、12時半に相模原に到着!

25km程度なのに凄まじく疲れました~

風呂後に古淵駅に戻って、とろけるハンバーグが人気の「福よし」さんへ。
14時頃なのに席いっぱいです。
ただ、あまり待つこともなく案内されてハンバーグ250gを注文。
和牛の油と肉の旨味が疲れた体に染み渡ります。
あっという間に平らげました。
ごちそうさまでした!

なお帰って久々に体重測ったらベスト体重より2kgほど重くなってて青ざめました…
これ、重かったからすぐダウンしたんとちゃうん…
明日から節制します😱

あ、ツッコミポイントはファミチです💦

2018年10月9日火曜日

技術書典5に行ってみた


こんにちは、旅行や登山が好きな横山です。


三連休はみなさんいかがでしたか?
私は「技術書典5」というイベントに行ってきました。
技術書典は、技術専門の同人誌の即売会イベントです。

今回は、社員の有志が書いて出展するということもあり、
また興味がある本もあったので、初めて行ってみました。

前回は整理券を配られるほどだったと聞いていたので、
混雑は覚悟していましたが、着いたら想像以上の行列ができていて驚きました。
(写真は一部で、もっと並んでいました。)

なんとか30,40分程度で入れましたが、久々に行列に並びました。
また、中に入ってもすごい混み具合で、
人気のところはなかなか見に行けないところもありました。


満員電車のような感じで少しずつ進んでいき、
やっと社員の顔が見え、様子を見てみると、
結構人が集まってくれていました。


うれしいことに物理本は完売したようです😊
今はPDF版で販売しているようなので、気になる方ぜひこちらへどうぞ。


また、欲しかった本を探しながら、いろいろと見ていましたが、
技術書!?と思えるような本もありました。

例えば「Effective 肉と酵素」。
表紙を見て「なんだ、これは?」と思いながら近づいてみると、
作者からは、「あくま技術書で、料理向けではないので注意してください」
のようなことを言われ、気になって手に取ってみました。
すると、化学式やら実験器具、グラフなども書かれていて、たしかに技術書でした。
(なんだか懐かしい感じもしました。)

そんな思ってもみなかったような本もあり、刺激的で楽しかったです。

気になった方はぜひ次の技術書典6に行ってみてください。

それでは。

人気の投稿