2019年11月7日木曜日

一隅を照らす

こんにちは。中野です。

週末法事で帰省していました。
帰省と言っても実家には帰らず関西方面に戻っただけですが。

中野家先祖の永代供養法要のため、比叡山延暦寺を訪れました。

比叡山は標高が800mを超え、宿坊もそれなりに高い所にありました。
朝晩はひぇました。。。

午後比叡山に到着し、琵琶湖を見下ろしつつ梵字ラテで一服。

「午」らしい。午年だけに。

翌朝6時半から根本中堂で朝のお勤めに参加してきました。

根本中堂は延暦寺の中心で、本尊が安置されている場所です。
今は10年に一度の大規模改修で工事中のため趣半減でしたが、
それでも境内は他の寺院とは異なる独特の雰囲気がありました。
撮影禁止なので、気になる方はぜひ比叡山にお越しください。

お勤め(読経)のあと、お坊さんの説教がありました。
そこでアイスブレーク的に言われたのが冒頭のオヤジギャグ
「比叡山の朝は、ひぇますねぇ」でした。。。

説教の中で話されたのが、「一隅を照らす」でした。
延暦寺(天台宗)では、一隅を照らす運動をしていて、
その意味を話してくれました。

一隅とは、今私やあなたがいるその場所を表します。
照らすとは、ベストを尽くす、ということです。
今いるその場所でベストを尽くす、それを自分もし、隣の人もする。
それを拡げていくことで、周りや、最終的には地球全体を照らす光になる。


その後の法要や比叡山の各所巡り(坊さんの案内説明付き)など
得難い経験をしましたが、それはまた別の機会にでも。

それでは。

2019年10月15日火曜日

突然の雨漏りで

むらかみです。

先日の台風では、新横浜でもかなり雨が降りました。
少なくとも私が新横浜の住人になってから初めてくらいの雨量でした。

私の自宅近くの鶴見川も、日産スタジアム周辺の遊水池がなかったら危なかったかもしれません・・・。

実は、このときの雨でシェアハウスの1つでひどい雨漏りが発生しました。

建物の天窓周辺から水が入ってきて、1Fにいた住人が気づいたときには2Fは水浸し、そのうち1Fの天井からも水が滴ってきたそうです。

大急ぎて対応しましたが、漏れる水の量が多く、住人だけではなかなか手が回らなくなってきました。

そこで、近くのシェアハウスの住人が救援に集まってきました。


うちの社員は本当にエライですね。
おかげで雨漏りの被害も最小限に抑えられました。

このシェアハウスは、初めて来た人が築年数を聞いて驚くほどキレイに保たれていますが、それもこのような社員の協力があればこそなのです。

2019年9月30日月曜日

リフレッシュ休暇で石垣島


むらかみです。
先日リフレッシュ休暇をいただいて、石垣島に行ってきました。

リフレッシュ休暇とは年に一度、一週間連続でお休みをもらえる制度です。

私が石垣島に行くのはこれが3度目です😀

今回は旅行期間中に台風17号が通過するという波乱があり、3泊4日の予定が4泊5日になってしまいました・・・。期間中ずっと強風が吹き続けていました。

石垣島旅行、といっても常にそこにいるわけではなく、近くの離島にも行きます。

↓初日は小浜島



↓二日目は竹富島

残念ながら初日の小浜島以外はほとんど晴れ間もなく、残念でした。それもで海はきれいでしたが。

3日目はホテルに缶詰め。台風が八重山諸島を通過しました。とにかく風が強かった。

4日目は午後から天気が回復してきたので、川平湾を見て、その後はお土産などの買い物。

↓4日目の川平湾

最終日は、石垣島のまだ行ったことがない場所をいくつか回りました。
その一つが伊原間サビチ洞。鍾乳洞ですが、珍しいのは中を歩いていくと海に抜けられるというところです。この鍾乳洞は私が買ったガイドブックには掲載されておらず、レンタカーのナビにも出てこないので、秘密の観光スポットのような気がしました。








台風というトラブルもありましたが、楽しめました。
来年もまた行きたいですね。

なお、台風の影響で帰りの飛行機が遅れ、羽田からの終バスと終電がなくなってしまうというおまけつきでした😝





2019年9月17日火曜日

社内プレゼン大会 なんと最優秀者は・・・

むらかみです。

先週、社員によるプレゼン大会を実施しました。
テーマは、「自分のプロジェクトの面白さを語る」です。

日頃あまり外部に向けてプレゼンする機会の少ない社員もいましたが、1人5分という短い時間の中で、自分のプロジェクトの技術的面白さ、社会的な意義など、いろいろと話してくれました。





さまざまな年次の12名が発表したのですが、なんと新人の古賀さんが最高評価となりました!

古賀さんは新卒採用で学生向けにプレゼンする機会もあるので、頼もしいですね。

それでは。

2019年9月4日水曜日

富士登山

こんにちは。万知です。

今回はラーメンではありません...
美麺遺産ではなく、
8/9,10,で行ってきた富士登山についてお話しします。

アクロ登山部(?)始動!


のブログにありますが、
実は富士登山をしたいと言い出したのは私です。

日本人なら1度は登りたいあの頂。
チャレンジしたかったのです。

というわけで有志を募り、社員8名で行ってきました。

五合目まではバスで行き、そこから登山スタートです。

五合目は、たくさんの観光客で賑わっていて、
登山をしに来たわけではなく、ただ富士山に来たかった、という方も大勢いました。
中国韓国の方が非常に多かったです。
途中まで馬車で登山も可能なようで、お馬さんが待機してました。

それでは登山スタート。
この前登った塔ノ岳と比べると、
階段もほとんど無く、かなり楽な印象。
五合目~七合目までは比較的緩やかな砂利道が続きます。
靴の中に結構砂利が入ってしまうので、
足首まである登山靴が良いなと感じました。

七合目付近は岩場が多くなり、
足場は不安定なゾーンに入っていきました。
でも富士登山をしてる人が多くいるため、
ずらーっと渋滞しながら登山しているので、
登るスピードは非常にゆっくりで、
危険な感じは一切しなかったです。
山小屋が多数点在していて、到着するたびに下を見て、
「あぁ、こんな登ってきたんだ」と思います。

山小屋では水や食べ物が売っていますが、
そこはまぁ山価格ですね。
自分でしっかり持って行った方が賢明です。

泊まる山小屋は8.5合目より上。
登ってる間に真っ暗に。
遠くに見える街がキラキラして奇麗でした。


そして山小屋へ到着したのが20時過ぎ。
標高は3200mを超えてます。


カレーが出てきたのですが、これがまぁ不味かったです。
カレーを不味く作る方が難しいと思うんですが…
あんなに疲れてるのに美味しく感じないって逆にすごいなと...

そして21時に消灯なので横になるのですが、
寝袋の端と端重なってる…
女性はまだしも男性の肩幅だと完全にオーバー…
これは詰め込みすぎでしょ、と思いつつも頑張って就寝。


そして事件は起きた。
1時間半ほどして目が覚めた。
猛烈な頭痛!!
横を見ると2名ほど社員がいない!
外へ出てみると、1人が完全に高山病でダウン。
それに付き添ってくれている大学時代登山部だった社員。
私も頭痛がすると報告し、外の空気を一緒に吸う。

結局、私含め他2名は頂上まで行けず断念。
非常に残念な結果になりました。
原因は、山小屋に着いてすぐ寝たこと、だそう。
山小屋の中は酸素がより薄く、
到着して1時間は起きていて体を慣らさないといけなかったそう。
到着してカレー食べて25分くらいで寝たので、
それがいけなかったのですね。
体力的には元気なだけに本当に悔しかったです。

その他の5名は登頂成功。
ご来光は登頂で見るのは間に合わなかったそうですが、
途中の登山道から見たそう。

私ともう1人は、宿泊した山小屋からご来光を見れました。
神々しいけど優しい光、下に広がる雲、
まるで新しい世界に来たようでした。

その後は、登頂した5名と合流し、下山。

帰りの道にはトイレが少なく、行きたくなると大変でした。

登頂したメンバの中にも高山病発症した者が3名。
ゆっくり下山しました。
登山部だった社員が体調悪い人の荷物を持ったり、
下山スピードを調節したりと、とても活躍してくれました。
その社員がいなければ5名も登頂成功はなかったと思います。

そしてなんとか五合目に帰ってきました。
救急車がとまっていますが、うちの社員ではありません。
でもこちらも高山病の方が運ばれて行き、山の怖さを感じました。
私は下山し始めてからすぐ体調がよくなり、すごく元気でした。

そして、五合目にもラーメンが。
でも美麺遺産には到底載せられません(笑)

そしてまた五合目からはバスで降り、
富士急の横にある温泉へ。

体を動かした後の温泉って本当に最高ですね。
すっと砂利道なので体が砂埃まみれだったのでとてもすっきりしました。

そしてリフレッシュ後の空腹を埋めるため、
とんかつ屋さんに。
やっぱり運動したら食べないとですよね。

そして解散。



残念な結果になりましたが、
今回の経験をふまえ、
またリベンジして、次回は必ず登頂します。

2019年8月30日金曜日

リフレッシュ休暇を使って、利尻・礼文に行ってきました

こんにちは、旅行や登山が好きな横山です。

リフレッシュ休暇という制度を活用して、利尻・礼文に行ってきました!

大学の頃からちょっと気になっていたところで、
今回台風の影響もあり、なるべく北のほうでいけるところで考えた結果、
利尻・礼文を選びました。

利尻山(1,721m)に登ったり、変わった宿に泊まったりしてきました。

利尻山については、海抜0mから登って、海抜0mまで降りてくるというのをやりました。
泊まった宿では「0to0」という言い方をしてました。
(富士山で、吉田、富士宮口の5合目から登るよりも少し高いくらいのアップダウンですね。)

今回、沓形コース⇨鴛泊コースのルートで行きましたが、
泊まった宿の方曰く、そのルートで0to0をした人はいないのではないか、とのことで、
初めての達成だったようでうれしかったですね。

また、礼文では、変わったユースホステルとして有名な「桃岩荘」に泊まってきました。
何が変わっているかは、調べていただくといろいろと出てきますが、ざっくり言うと、夜にミーティングというものがあって、みんなで歌ったり、踊ったりして盛り上がったり、いろいろと変わったルールがある感じです。

しかも、今回は、年に一度の「やぐら祭り」と言うタイミングでもあり、宿の中で露店を出したりもしていました。

そんな旅の様子を写真メインでお伝えしようと思います。


1日目


稚内まで飛行機で行き、フェリーで利尻島へ。

ついたのは17時くらいでしたが、夕食はあまりお店がやっていなかったり、混んでいたりして、初日はセイコーマートになってしまいました。(少し残念)

2日目

いざ、利尻山へ。
沓形コースを登るため、登山口まで20km歩かないといけなかったため、夜中1:00に出発。

ちゃんと海に手をつけて、海抜0mから出発。

真っ暗な中をひたすら歩き続けました。
歩き続けて4時間(約20km)、やっと登山口に。精神的に結構辛かった。。。
ちょうど日の出のタイミングくらいでやっと明るくなってきました。
鬱蒼とした山の中を歩き始めます。

ところどころ見晴らしがよくなり、礼文島も見えました。


 まだまだ先は長い。
だいぶ登ってきましたが、最後の難所です。
わかりにくいですが、この写真の中に通ったルートがあります。
(左下の方にある道っぽく見えるあたりとかです。 )
結構怖いところもありました。

難所を超えて頂上まであと一息。

頂上に到着です。
同じ宿に泊まっていた人で、別ルートから来た人とも合流し、一緒に下山しました。

雲がだいぶありましたが、頂上は晴れていて、気持ちが良かったです。

下山途中には、おいしい湧き水も。

そしてやっと海抜0mに戻ってきました。
ちなみに、この日は6万4千歩くらい歩いていたようで、驚きました。
時間的には、登山口まで4時間、登り5時間、下り4時間、となかなかにハードスケジュールでした。

そして初めての旅行らしいご飯にありつけました。
八角の焼き魚定食です。

こちらは、その日に泊まった「利尻うみねこ ゲストハウス」です。
とても過ごしやすかったです。
「0to0」以外にも、島を一周歩いた人などもいて、そのような方たちとお酒を飲みながら楽しみました。

3日目

朝一のフェリーで帰る人たちを、ゲストハウスのスタッフと宿泊している人たちで、お見送り。みんなでうみねこの着ぐるみを着て。

その後私は、礼文島にフェリーで移動しました。
私も同じように見送ってもらえました。

礼文島では、最北限のスコトン岬などに行ってきました。

地図でいうとこの辺り。

岬でウニ丼。

さらに、そこから2時間くらい歩いたところのゴロタ岬に。

ここからの眺めはとても良かったです。


そして、桃岩荘へ。
年に一度のお祭りでもあり、とても盛り上がってました。






なかなかすごい場所に宿がありました。

近くには、「Ben&Joe」というおしゃれな喫茶も。
営業前でしたが入らせてくれて、名前の由来を聞いてみたら、昔はここはトイレがあるところだったからのようです。


奥に見えるのが「猫岩」と呼ばれている岩です。猫の後ろ姿にみえることから。

4日目

礼文島から稚内に戻ります。
(本当は、利尻か礼文にもう一泊の予定でしたが、台風の影響で戻るのを早めることに。)

見送りもまたすごかったです。見えなくなるまで、ずっと歌ってくれていまいた。

こちらが名前の由来になっている桃岩。(だったはず)


さらにフェリーのところにもきて、見送ってくれました。うれしいですね。

稚内に戻ってからは、最北端の岬などを回りました。


稚内では、「モシリパ」という宿に泊まりました。
話を聞いたら、まだ始めて数ヶ月とのことでした。



とても過ごしやすかったです。

5日目

稚内から飛行機で帰ります。台風が直撃コースで、ずっとニュースとかを気にしていましたが、なんとか飛んでくれました。

さいごに

滞在期間的には約3日間でしたが、それ以上にいろいろと詰まっている感じで、いろいろな人とも出会い、とても充実して過ごせました。
今回、利尻にある「味楽」という有名なラーメン屋にいけなかったり、利尻を一周したかったけどできなかったりと、いくつかやり残したことがあるので、是非また行ってみたいと思ってます。

それでは。



人気の投稿