2019年3月23日土曜日

日本でいちばん大切にしたい会社大賞の表彰式に参加して、考えたこと。

こんにちは、鈴木達夫です。

昨日、法政大学で、「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の表彰式&懇親会が行われたため、 私も、一参加者として、行ってきました。
この賞は、昨年法政大学を退官された、坂本光司先生を中心に設立された表彰制度で、今年で、9回目を迎えます。

以下の応募資格をクリアし、かつ、審査員の厳しい現地での調査に合格して初めて合格できる、一説には、日本で最も難しい表彰制度、と言われています。
-----------------------------
■応募資格
過去5年以上にわたって、以下の6つの条件に全て該当していること

  1. 希望退職者の募集など人員整理(リストラ)をしていない
  2. 仕入先や協力企業に対し一方的なコストダウン等していない
  3. 重大な労働災害等を発生させていない
  4. 障がい者雇用は法定雇用率以上である
    1. 常勤雇用50人以下の企業で障がい者を雇用していない場合は、障がい者就労施設等からの物品やサービス購入等、雇用に準ずる取り組みがあること
    2. 本人の希望等で、障がい者手帳の発行を受けていない場合は実質で判断する
  5. 営業利益・経常利益ともに黒字(除くNPO法人・社会福祉法人・教育機関等)である 
  6. 下請代金支払い遅延防止法など法令違反をしていない
-----------------------------

当社も、4年前、第5回の時に、審査委員会特別賞をいただきました。当時の表彰式の様子が、こちらです。

今年は、全国から中小企業20社(一部大企業)が選ばれました。
皆さん、おめでとうございます!
■経済産業大臣賞
 生活協同組合コープみやざき
■厚生労働大臣賞
 株式会社共同
■中小企業庁長官賞
 大和合金株式会社
■中小企業基盤整備機構理事長賞
 株式会社武蔵境自動車教習所
■審査委員会特別賞
 隂山建設株式会社
 株式会社共立アイコム
 株式会社クレコス
 有限会社ココ・ファーム・ワイナリー/社会福祉法人こころみる会
 佐藤薬品工業株式会社
 株式会社スーパーホテル
 株式会社八天堂
 株式会社ビューティーサロンモリワキ
 株式会社廣野鐵工所
 株式会社ボーダレス・ジャパン
 有限会社宮川洋蘭
■実行委員会特別賞  社会福祉法人いぶき福祉会
 社会福祉法人雲南ひまわり福祉会
 一般社団法人AOH チョコレート工房ショコラボ
 社会福祉法人スマイリング・パーク
 社会福祉法人北海道光生舎




一般的には聞いたことが無い会社さんばかりですが、どの会社も、利益よりもまず、社員を最も大切にする経営を実践している、素晴らしい会社ばかりです。経営、というと、まず、売り上げや利益が最優先に語られがちですが、そうではなく、社員を大切にすることで、数値はあとからついてくる、という考えです。

世間ではまだまだ受け入れられない考え方かもしれませんが、これからの時代、このような経営こそが主流になる、なってほしい、と、私も思っています。



表彰の後は、受賞企業の代表数社のスピーチ。さらに、特別講演として、マコセエージェンシーの五十嵐社長から、とても感動的な講演がありました。
この会社は、お葬式のオリジナルの会葬礼状を作っている会社ですが、メモリアルDVDの動画をいくつか上映し、その内容や、五十嵐社長のお話に、会場全体が、涙で溢れました。

場所を変えて、同じ法政大学内のホールで、懇親会。
始めに渡されたドリンクは、ウーロン茶かオレンジジュースだけで、アルコールはありません、、、が、すぐに、その理由がわかりました。

この懇親会、実は、乾杯までに1時間近くかかることもあるので、さすがにビール瓶の栓を開けるわけにもいかず、このようになったのでしょう(私の推測なので、実際のところはわかりませんが)

というのも、懇親会では、開始直後から、受賞企業の全社が、スピーチをします。
受賞企業にとっては、この日は、晴れの日。特に、経営者にとっては、自分たちがやってきた経営を世間が認めてくれた、記念すべき日なのです。経営者だけでなく、社員を何人も連れて来る会社もありますが、全員が登壇します。晴れの日ですから、当然です。
そのスピーチの間、参加者は、誰一人、長い、と文句を言わず、じっと耳を傾け、大きな拍手をする、それもこの表彰式の特徴だと思います。

その時の、チョコレート工房ショコラボの代表、伊藤さんのスピーチがFacebookに公開されていたので、共有します。

このような感動的なスピーチがすべて終わってから、乾杯。

参加者は、受賞企業の所に行き、名刺交換をしながら、祝福します。会場の全体が、祝福ムードに包まれます。
これは当たり前のようですが、実はそうでもなく、、、私は、他の表彰の懇親会に何度か参加したことがあるのですが、関係者だけの集まりになり、祝福ムードにならない会もあるんですよね、、、残念ですが。


後半からは、法政大学応援団が会場を盛り上げ、最後は、天彦産業樋口社長の中締めで、会は終了しました。

1年に一度のこの表彰式に参加すると、色々と、考えることがあります。

4年前に受賞した私たちの会社は、果たして、引き続き良い会社としての経営ができているのだろうか。もっともっと、やれることはあるのではないか。

このような、当たり前だけれど当たり前ではない、人を大切にする経営を実践する中小企業がもっと増え、日の目を浴びるようになれば、日本はもっと良くなるのではないか。日本の99.7%は、中小企業なのだから。そのために、やれることは無いのだろうか。

さらに、新卒採用に携わる身としては、
就活生が知名度のある企業に流れるのではなく、このような会社に興味を持ってくれれば、そして、大学側も、良い会社とは何かを、学生に教育してくれれば・・・

たられば、ばかり言っていても仕方がないので、私達がやれることとして、当社では「組織いきいき実践勉強会」を開催しています。
当社のノウハウを、少しでも、中小企業の経営者の皆様にお伝えし、会社づくりの参考にしていただけたらと思っています。4月から、第5期が始まりますので、少しでも、興味がある方は、ぜひ、ご連絡ください。

それでは。

2019年3月21日木曜日

28年経っても変わらないアクロクエストの在り方

3/20(水)のMA後は、創立記念ディナーがありました。


1991年に創業してから今年で28年目。
創業当初は、マンションの一室を借りて、
ちゃぶ台一つに、PCを並べて仕事をしていたとか。

自分の年齢よりも少し長いアクロの歴史を振り返ると、
知らなかったことがたくさん出てきます。

詳しく知りたいという方は、ぜひこちらをお買い求めください。
https://www.amazon.co.jp/dp/486667122X

そんな感じで、思い出話に花が咲き、会は大盛り上がり。
次は、30年目に向けて頑張ろう!と全社員で意識を高めました。

ただ、変化の早いIT業界。
3年続いたら大成功と言われる中で、
80人弱の中小企業が、続いて行くというのは簡単なことではありません。

どうしたらもっと大きく、もっと長く続けられるのか・・・
そんなことを考えていると、ある新人の一人が、

「新卒イベントに私は出ていないけど、自分が関わってプラスになることは力になりたい」

と、全体の前で言ったのです。


この飾らない言葉にその場にいた全員が何かに気づかされたようでした。


アクロクエストは、誰か一人のカリスマがワンマンでやって行く会社ではない。
これまでも、そしてこれからも全社員で決めて行く。そのためには、
一人一人が自分のやるべき場所で、自分の特性を活かしながらやって行く。
そうやって、自分の出来ることを考えて、全社員がやって行く会社。


それがアクロクエストの昔も今も変わらない在り方。


そういう在り方でやっていくと決めてくださった、社長とタマさんに感謝し、
アクロのポリシーを失わず、30年目に向けて頑張っていきたいです。





2019年3月16日土曜日

ミャンマー赴任とどら焼き

輝ける2年目の浜村がアクロクエストのミャンマー支社に赴任することになりました。

↓浜村

少々急な決定で驚いていましたが、もともと本人はいつか行きたいと話していたので、喜んでいるようでした。

早速浜村は赴任のことをご両親に報告したそうです。
するとご両親は、

「いいチャンスだね」
「そんなチャンスをくれた社長と副社長に感謝だね」

と言ってくれたそうです。

そして、会社にどら焼きを60個も送ってくれました!


浜村の実家は和菓子の材料の問屋さんなのです。

浜村はもともと某大企業に内定をもらっていたのですが、TOEICの点数が基準の800点から5点足りなかったため、大学卒業3日前に内定取り消しとなりました。
その後就職活動を再開してアクロエクストに入ってきたという経緯があります。

内定取り消しのときは、ご両親も心配されたと思います。

某大企業の内定を取り消された浜村が、2年目で海外赴任できるくらいに成長して、元気に仕事をしているのを見て、安心されているのだとしたら、私たちとしても嬉しいです。

いただいたどら焼きは社員が喜んで食べています。

ありがとうございました!

2019年3月14日木曜日

日頃の感謝を伝えるLoving Nature Day

こんにちは!
英語猛特訓中の2年目エンジニア、浜村です。

3/10&11に"Loving Nature Day"(以降、LNDと略す)がありました。
LNDとは、普段からお世話になってる方に、
日頃の感謝や愛情を伝えましょう、という日のこと。

2月MAで決まりました。

毎月10日が、LND。
ということで、今週はじめに初めて行われたのです。


社員の中には、お世話になっている上司にコーヒーをご馳走したり、
勉強を頑張っている部下に本を渡していたり、地元のお土産を贈ったり、
スタバのカードをプレゼントしていたり・・・
一方で、しっかりとした身なりで働いてほしいと、
同期に革靴のお手入れセットをプレゼントしていた社員もいました。


「ありがとう」って、普段使っているようで意外と言えていない言葉です。
この日は、社内の至る所で、感謝の言葉が聞こえて、素敵な一日となりました。



そうそう、私も頂きましたよ。



これです。




・・・?


プレゼントしてくれたのは、
後輩でブラジル出身、オヤジギャグとアイドル好きのガブリエルさん。
英語を頑張っているから、これでもっと上達してほしい、と渡してくれました。


でも、これ出ない順だよね?と言ったら、


へへへ、と笑っていました。



なかなか面白い後輩です(笑)

2019年3月9日土曜日

花粉症を忘れるほどの賑やかさ

皆さん、こんにちは。
今年は、花粉が特に酷いですね。
クラリチンに加え、秘密兵器のピュアサプライを使っても、夕方には、目が痒くて、、、

花粉症の無いミャンマーに逃げ出したくなります😢


3月に入り、
就活が本格化してきました。
うちの会社は、早くから会社説明会をやっていますが、3月以降に来た学生は、それまでの学生と比べて、より、早く決めよう、という意識が高い気がしますね。


20卒の内定者も、年明けから、少しずつ決まってきています。
もうすぐ入社の内定者や、インターン生もいるので、昨日の社内は、様々な立場の人が入り乱れていました。

・もうすぐ入社する19卒の内定者が、研修で来社
・決まったばかりの20卒内定者が、研修で来社
・就活中で、自分探しをしている20就活生がインターンで来社
・春休みで時間があるので、機械学習をやってみたい、と、21就活生がインターンで来社
・東北から会社訪問に来た20就活生が、せっかくだからと選考も受けている。
・第二新卒でうちの内定をもらった人が、入社前に、お互いのマッチングを見るために、インターン中。

文系の19内定者が、20インターン生に機械学習を教えていました。成長しましたねぇ。


そんな中、
やはり第二新卒で今週月曜に入社したばかりの社員が、誕生日、ということで、花一輪!
一年に一度のイベントが入社直後に来るなんて、なんていう引きの強さ!
 


いい笑顔ですね!
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1523681937783000&set=a.231954483622425&type=3&theater


こんな感じで、アクロ社内は、いつも賑やかです。
来週からは、19内定者の3月事前研修が始まって、さらに活気が出てきます。
入社が楽しみです!

2019年3月7日木曜日

我話す、故に我あり

どうも、中野です。
花粉シーズン真っただ中な今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

アクロクエストは、月に1度全社懇親会があります。
話したいテーマを持ち寄り、それについて語ったり、
特にテーマは無いけど、普段あまり話せていない人と
色々話したり、と結構自由にやってます。

私のグループは後者で、新人からオッサン(私)まで幅広い年齢層で
特にテーマを決めずにワイワイ話していました。

盛り上がったのは、「自分の武器って何?」って話でした。

世の中では、先陣を切ることの重要性や、
他でも通用する自分だけの武器を持つことの重要性が言われます。

うん、確かにその通り、とは思いますが、
じゃあ、その武器って何なの?と。
そんな武器、持ってたらもっと凄いことになってるわ、と。

実はみんな持ってるんだ、と思います。

それを扱う力が無かったり、そもそも気付いてなかったり。
ゲームでSTRとDEXが一定以上ないと使えない武器とかあるけど、
そんな感じです。
もしくは、イベントで覚醒するまで使えないとか。

良いモノを持ってるのにイマイチ活かしきれない人や、
あと一歩で成果に繋がらない人。
逆にきっかけを掴んで一気に覚醒する人。

そのきっかけを掴む協力をするのが、
人生の先輩であり、仕事の上司である私の責任と思います。
なんてね。

そんな話をしてたら懇親会も終わってしまったので、
話し足りない(飲み足りない?)メンバで2次会です。


 
なに話してるんでしょうね?
アクロクエストに入社したらわかりますよ。

それでは。

2019年3月3日日曜日

エクストリーム社員旅行

こんにちは!
7年目、2子のパパエンジニアの宮坂です👱

あかりをつけましょぼんぼりに♪
今日はひな祭り!3歳の娘がいる我が家は娘を中心に盛り上がっています。

さて、そんな今日ですが、最近Acroquestの社内もとある話題で盛り上がっています。

何の話題で盛り上がっているか?
それは、4月に予定されている社員旅行についてです。

なぜ1ヶ月以上も先の社員旅行でそんなに盛り上がっているのか。
その点をお伝えしたく、フライングにはなりますが、4月に予定されている当社の社員旅行について、少しだけ紹介したいと思います。


まず始めに、みなさん、少し前に流行った「エクストリーム出社」をご存知でしょうか?

以下、Wikipediaの引用です。
エクストリーム出社は、早朝から観光海水浴登山などのアクティビティをこなしたのち、定刻までに出社をするエクストリームスポーツ。また、リフレッシュを主目的としてレジャーを楽しむ、早朝から出社までのプロセス。この場合、スポーツとしての競技性はともなわない。エクストリーム出社のプレイヤーは、一般的な通勤者と区別して、出社ニストと呼ばれる。
つまり、如何にエクストリームな出社をできるかを楽しむのがエクストリーム出社です。

そして今年、Acroquestは「エクストリーム社員旅行」を決行します!



え?

なにそれ?

そんな声が聞こえるので、「エクストリーム社員旅行」のルールを簡単に紹介します。
  1. 旅館に現地集合(集合場所は鹿児島の旅館
  2. 2〜5人でチームを作り、好きな独自ルートで旅館を目指す
  3. 出発日自由(4/12(金)の午後から出発するチームが多い ※現地集合は4/14(日)の夕方)
  4. 宿についたら各チームの現地集合までの道のりについてプレゼンバトルを行う(上位者には賞金が!?)
早速、どんどんチームが結成され、各チーム個性的でエクストリームな出社現地集合までの道のりが計画されています。

海外を経由するチーム、島々を巡るチーム、寝台列車で現地を目指すチームなどなど。
趣味である機械学習プログラムを組みながら現地を目指すチームなんてのもいるようです。😅

どんな旅行になるかは未知ですが、想像の域を超えるエクストリームな社員旅行にするぞと、各チーム意気込んでいます!

この社員旅行が成功したあかつきには、「エクストリーム社員旅行」が流行るといいな😁

それでは!

2019年2月22日金曜日

新しい本が出ます!

こんにちは。

2/24に副社長が書いた新しい本が出ます。

タイトルは『給与も賞与も、社員みんなで決めてます』です。



Amazonで予約可能になっています。

以前出版した本は、アクロクエストの仕組みを紹介する内容でしたが、今回の本はその仕組の背景にあるストーリーや歴史を紹介しています。

そもそもなぜアクロクエストは作られたのか、という根本的なところから語られています。

アクロクエストは400社近くの中小企業の経営者の方から視察を受けていますが、「素晴らしい社風ですね」と褒めていただくことが、よくあります。ただ同時に「ウチでは無理だな…」という声も聞かれます。

しかし、そんなアクロクエストも決して順風満帆で進んできたわけではありません。
どんな問題が起き、それをどんなふうに考え乗り越えてきたか、あるいはうまくいかなかったか、がストーリーに沿って書かれています。

中小企業の経営者のみなさんや、今就職活動中の学生さんにはおすすめの本ですよ。

ぜひ買ってくださいね!


2019年2月16日土曜日

小企業の働き方改革も、大企業に適用できるのか!?

皆さん、こんにちは。
達夫です。


最近、名刺交換すると、「温泉ソムリエ」に興味を持って下さる方が多いのですが、
私の方は、受け取った名刺の文字が見えづらくなり
失礼な挨拶をしていないか、心配になっている今日この頃です。
皆さん、名刺の文字は大きくしてくださると、助かります😉

さて、
2月に入り、立て続けに、副社長タマさんの講演があったので、
すべて同行させてもらいました。


2/15(金)大塚商会 実践ソリューションフェア2019 in大阪


大塚商会、といえば、ITを使ったソリューションが有名なのですが、
なぜ当社に??
やはり、「働き方改革」というキーワードが日本中で盛り上がっているので、
働きがいのある会社ランキング1位の当社に声をかけてもらったようです。

講演の内容は、
いくつかの当社の取り組みの紹介の後、
タマさんが、普段どのように社員に接しているか、
そして、経営者として何を考え、どう行動しているか、

といった、マインドの話が中心でした。

身を乗り出して聞く方、
真剣にメモを取り続ける方、など、
皆さん、とても熱心に聞かれていました。

講演後は、名刺交換の行列ができました。
特に東京では、20名以上もの方が交換を希望され、最後の方は、
30分もお待ちいただきました。

中小企業の方ばかりと思いきや、そんなことはなく、
日本を代表するような大手メーカーの方も、何人かいらっしゃいました。

「皆で会社を創るということが素晴らしい・・・」と頂いた名刺の裏に書いてあり
大企業では無理ですが・・・と笑って話されているのを、横から見ていました。

次の講演は、数か月後になります。
また皆様とお会いできることが、今から楽しみです。

それにしても、
タマさんの精神力は、本当にすごい。

実は、東京と大阪での講演の間に、
お母様が亡くなられて、お通夜、告別式まで終わらせた直後の、
大阪での講演だったのです。

自分だったら、と思うと、そこまで平静を保てたかどうか・・・

そんなタマさんが執筆した書籍、第2弾の予約受付が始まりました!

『給与も賞与も、社員みんなで決めてます』(あさ出版)
 Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/486667122X/
 楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15792621/

今度の本は、当社の仕組みの紹介ではなく、
零細企業が働きがいNo.1の会社になるまでのストーリーです。

講演では話したことが無いエピソードが満載ですので、
(実は、私も知らなかったことも書いてありました。)
ぜひ読んでみて下さい!

2019年2月14日木曜日

日緬合同視察団をディズニーランドに派遣しました!!

2/10(日)3連休の中日という、
どこもかしこも人混みが激しそうな日に…


日緬合同視察団をディズニーランドに派遣しました!!


日緬合同視察団とは、アクロクエストの新人(日本人)3名と、
ミャンマースタッフ2名からなる視察団のこと。
まあ、要するに、来日しているミャンマースタッフと親睦を深めるために、
ディズニーランドに行ってきたと言いたかっただけです。
ちょっとだけ大げさに言いました、すみません。


当日は、早朝に現地入りしたらしく、
今回すべてをエスコートした視察団の団長・長野さん(新人)からLINEで写真が送られてきました。

その写真がこれです。はい、どん。




すでに楽しそうですね(笑)
早朝だというのに、みんな眠たそうにしていない。すごい。


ちなみに、私が最後にディズニーに行ったのは、
大学1年生の頃なので、もうかれこれ6〜7年前くらいになります。
ジェットコースター系が苦手なのと、
そういうテーマパークがあまり好きじゃ…自分の話はこの辺にしておきます!笑




実は、今回皆を連れて行ってくれた新人の長野さんは、
学生時代に、ディズニーランドでバイトをしていました。

後から聞いた話ですが、長野さんが組んだプランは、完璧だったようで・・・
彼らが行ったのは3連休の中日。どのアトラクションも90分〜待ちだったようで、
かなりの人混みだったようなのですが、なんと、アクロチーム、長く待ったのは、せいぜい30分程度で、人混みを上手く回避してスムーズに楽しんできたようです。


学生時代をディズニーに捧げた男、恐るべし・・・と思いましたね(^^;;


夜は、長野さんが学生時代に働いていたレストランで食事をとったようです。
バイト時代の懐かしい話や、今日楽しかったねーみたいな話で盛り上がったようです(^^)




というような話を、CB(コーヒーブレイク)時に楽しそうに話してくれました。
お土産で買ってきてくれたチョコレートをみんなに振舞いながら。
(今日はバレンタイン。一個としてカウントいいかしら笑)


今回視察に参加したミャンマースタッフの2人は、
日本に来て遊園地が初めて、
ジェットコースターが初めて、
人混みが初めて、
という感じだったので、何もかも新鮮に映ったようです。
いつかは母国に帰ることになりますが、
日本にいる間に、日本でしか出来ないことをたくさんやってほしいなと思います!


最後に。
行ったメンバーの話を聞いて、久しぶりにディズニーに行ってもいいかも…と思いました。
その時は、もちろん長野団長に完璧なプランを考えてもらって…よろしく、長野さん(笑)

人気の投稿